ハズツ

提供: Aokashi Home Docs
ハズツ国
Flag hadtz.pngHadtz map.png

← ハルバドー朝王国, ストンズ朝王国  →
1910~

政体立憲君主制
元首議院内閣制
首都セルド
主要都市バースト, セグトズ, ゼルスト
人口約4,227万人
成立年1910
崩壊年
備考

ハズツ国 とは 森惑星デトラル大陸 の東隣と接する君主制国家。首都は セルド

北島と南島、シード島の3島とその周辺諸島に領有権を持つ。森林連合FOREST-MEDIUM の参加国である。

概要

デトラル大陸の東隣に隣接しており、イストバ海峡を通じて ヴァルジア と接続しているが、島国のため国境は存在しない。地形は山がちな地形となっており人間が安全に暮らすこともできる平野部が少ない。

歴史では隣国のヴァルジアから文化を取り入れて独自に発展していった。古くから皇帝 シリナル が建国して以降、君主を持つ国家としては世界最古の歴史を持つ。航海時代 ではヴァルジアが東南陸国の植民地になる一方で、本国では植民地化を免れた国家となった。24世紀後期ではヴァルジアの独立戦争によって民主派が敗れたことにより、本国に移民が発生したことで人口が急増していった。この移民によりこれまで絶対君主制から立憲君主制へと移るようになった。

人口は約4,227万人と中規模の国家である。

そして、 Aokashi が初めて制作した WWA 作品 wwa:依頼生活 の舞台でもある。

国名の由来

ハズツ という名前は元々建国前に存在した ハルバドー朝王国ストンズ朝王国 が由来となっている。ハはハルバドーを意味し、ズはストンズを意味し、最後のツは現地で複数を意味することからハズツと名付けられている。

名付けが古く、ハズツのズがストンズであることを知っている人が少ないことから、一部地域では ハヅツ と表記することがあり、ハヅツと間違えることが多いが、政府および大使館についてはハズツでもハヅツでも問題ないとされている。

主要都市

本国には首都であり文化遺産の多いセルドや南部最大の都市であるバースト、バーストの南隣に位置するセグトズ、デトラル大陸との港湾都市であるゼルストなどが存在する。

経済的な面ではセルドに一極集中している傾向があるものの、都市圏だけで見るとセルド都市圏とバースト―セグトズ都市圏では人口や経済支出に大差は無い。

産業

島国であるため、陸地での一次産業は乏しい一方で、海での一次産業は産出量が多く、水産物の輸出が盛んに行われている。本国では北平洋内の諸島も領土を有しているために海洋面積が広く、海洋面積だけ見れば 富蔵イデスライン などにも及ぶ。

また、南部のシード島ではリゾート地が多いことから、観光立国としても知られている。