低東

提供: Aokashi Home Docs
低東連邦国
Flag teito.pngTeito map.png

← 低東連邦国 (連合占領下)  →
2371~

政体共和制
元首議院内閣制
首都久慈田
主要都市択田,瀬賀
人口約7813万人
成立年2371
崩壊年
備考

低東連邦国 とは 森星東南陸国 位置する共和制連邦国家。首都は 久慈田。牙北半島に領土を有し、南に 南央、南西に 新南苑西、西に 蕨江 と国境を接する。東南陸国に位置する国家で、ESU の加盟国である。また、 FOREST-HIGH 及び FOREST-MEDIUM の参加国でもある。

概要

東南陸国の中で影響力を持つ国家の1つで、ESU の中では新南とともに重要なリーダー格を持つ。

文化の側面では東南陸国の国の中でも公伝からの影響を受けやすく、隣接する新南や苑西とは食やルールなどでいくつかの差異が存在する。同じように公伝からの影響を受けた国家として南に隣接する南央も挙げられる。

繋がりの弱い複数の郡からなる国家としている。

国名

低東という名前は「い緯度のの国」が由来となっている。

国旗

国旗に含まれている要素にはそれぞれ意味が含まれている。

  • 上段の黒 ... 力
  • 中段の黄色 ... 自由、進化、光
  • 下段の青 ... 東の水面

地理

低東は牙北半島を領土としており、縦に長い国家である。中央には山岳地帯が存在しており、主要都市は沿岸部に集中している。

都市

低東は行政の中心都市である久慈田の他に、経済と商業の中心地である択田、東南陸国各国との玄関口として栄えた瀬賀や瀬ノ間などが存在する。どの都市も中規模程度の規模であり、交通網も各都市を結ぶ仕組みとなっている点が新南との大きな違いである。

名前 行政区分 人口
択田 中海道洲 択田郡 314万人
瀬賀 高東洲 瀬賀郡 224万人
久慈田 低東中央洲 久慈田郡 123万人
瀬ノ間 陸角洲 竜入郡 119万人
吉祖 横塚洲 吉祖郡 108万人
華久 華北洲 華久郡 97万人

歴史

歴史では14世紀より始まった新世代から という国が設立されたことが本国の歴史の始まりである。1631年になると 都環帝国 の影響を受け、苑は苑西王国のみを残し、低東の領土は数多くの小さな国家に分割されていった。分割された国家の中で一番大きな規模は八端帝国であり、その国家が現在の低東につながる国家とも言える。2242年を持って現在の低東国となった。

2340年から始まった 場廃大戦 では他国に対して領土拡大を進めるも連合国に敗戦宣言を受けてしまい、2371年まで連合国による間接的な占領を受けることとなった。

経済

低東の経済支出は森星の中では高い分類に入っており、経済支出は東南陸国の中で一番高い経済大国である。

産業

低東国は特に科学的な分野で他国と差を付けており、2015年の古代神祭以降、高度な産業技術を発明していった工業大国でもある。かつての高度な技術力は ダンスペア富蔵 に抜かれてしまったが、それでも高い地位を維持している。

交通

元々小さな国家の集合体であったため、交通網は網の目のように整備された。特に大きな都市であった地高と瀬賀を結ぶ 瀬高道 や、竜口海沿いに走る 豪湾道 などがある。

また、歴史上 公伝 との結びつきが強く、公伝とは高速船で移動することが可能になっている。

先関協定に加盟しているため、協定加盟国間とはパスポートによる確認なしで往来することが可能である。しかしながら、陸で国境と接する国の中で同じ左側通行を採用している国家は南央しかなく、他の国家では右側通行のため、国境を通る道路は少なく、車線変更エリアが国境付近にいくつか設置されている。

鉄道は2168年の瀬賀都〜的成の開業以来、大きな鉄道ネットワークを築いている。輸送規模は富蔵に次ぐ世界2位とされており、路面電車も十分に整備されている。近年では安全性に気を配っており、長距離運用でも定時で来ることが多く、定評がある。詳細は 低東の鉄道 を参照のこと。