成州

提供: Aokashi Home Docs
2021年2月15日 (月) 23:49時点におけるAokashi (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)

成州 (ぜいしゅう) とは森星富蔵大陸の北に隣接する成州大陸に領土を有する立憲君主制国家。首都は宇多。南とは成淡海をはさんで富蔵と隣接している。公伝連邦加盟国である。

概要

地理は中央の伯美台地を持つが、沿岸部は平野部が多く、人口の多くはその平野部に集中している。

元々先住民が暮らしていたが、航海時代に東然が到着すると東然の領土となり、後に公伝の海洋進出によって公伝の領土となり、東公両国が持つ植民地となった。後に東公成州戦争が発生するも公伝が勝利し、公伝の植民地となった。長らく公伝の植民地だったが、ウェルナッヒラックランドの独立とほぼ同じタイミングで独立を果たすようになった。

リゾートの多い観光立国であり、北平洋と接している北部で観光地が集中している。太東洋内の島と比べて領土的にも財政的にも余裕があるため、東南陸国からは英棟と並んで気軽に行けるリゾート地として定着している。

国名

国名は東然植民地時代では、鉱石産業や観光産業を見て「成金」という名称を持っていた。その後公伝からの進出を経て複数の名前があったが、東公成州戦争が発生する前後で「成州」という名前が成立した。

国際関係

富蔵

元々同じ植民地であり、大陸国家であり、立憲君主制を有する富蔵とは似ている性質を持っている。独立以前から交流を始めるなど、一体化を進めていた程深い関係を根付いている。

しかしながら富蔵は公伝寄りの文化を持つ一方で、本国は東然寄りの文化を持っている関係で両者の文化の違いが原因で一体化には至っていない場面も見られる。

東然

航海時代から宗主国だった東然では昔から経済活動が多く、基本的に本国の文化は東然由来のものが多い。

産業

成金という旧国名の通り、昔は鉱石産業が盛んな国家であった。現在は鉱石産業は衰退しており、代わりに観光産業を中心に第3次産業が大きく発達している。富蔵と同じく、IT産業の発展が著しい。