英棟

提供: Aokashi Home Docs
英棟共和国
Flag eito.pngEito country.png

← 荘内  →
2241~

政体共和制
元首
首都英棟
主要都市高核,ダナラス,首基,ソロズ
人口約914万人
成立年2241
崩壊年
備考

英棟共和国 とは 森惑星サズア大陸 の北部と接する島国。首都は 英棟市。領土は英棟本島の他に西のダナラス島と東の台河島、首基島、サズア大陸の竜角岬のごく僅かからなる。海峡を通じて西は デアラ、東は 東然荘内 と隣接している。公伝連邦 の所属国である。

概要

赤道近くに位置しており、気候区分では熱帯に位置付けられている。地形は英棟本島では北部が山がちな地形となっている一方、南部は平坦な土地となっている。それでも国土が狭いため、人が安全に暮らせる場所は少ないことから埋め立てによる領土拡大や整地が多い。それ故、英棟本島東部の英棟市と高核市、台河島は高度に都市化されており、原生の植物は存在しない。

航海時代 よりも前から東然が発見したことで東然の領土としていたが、 公伝帝国 の進出が始まると公伝の植民地となった。公伝帝国の領土拡大の拠点となっており、もともとは竜角岬の全体を領土とするつもりだったが、北平洋沿いの地域までしか領土を持たなかった。南の荘内とは同じ植民地だったが、先に荘内が独立し、しばらくの間は荘内の植民地として支配されていた。しかしながら元々 サブラダ の植民地だった デアラ の住民が多く、西洋東洋の境界点を持つために独立の声が強く、2241年に独立を果たした。

国名

英棟 という名前は元々領土を有していた東然が貴族の別荘地を表した名前「英雄棟」からきている。

国旗

英棟の国旗の要素はそれぞれ意味が含まれている。

  • 上半分の紫色: 夜空
  • 下半分の水色: 自然と海
  • 黄色の円: 満月
  • 白色の星: 左から英棟本島、ダナラス島、首基島の3島を象徴とする星

産業

領土が少ないため、本国の産業は第三次産業に大きく依存している。

元々は西洋と東洋の境界点だったため、海上交通の結束点として機能している。

首都である英棟市と主要都市である高核市は近代に開発を始めた完全な計画都市としている。一方のダナラス島では自然が残る箇所が多く、熱帯雨林を活用した観光地が数多く存在する。

交通

英棟国の鉄道は公伝植民地時代から整備を始めたことが始まりである。現在は「英棟国営鉄道」で支えている。以下の路線が存在する。

  • ダナラス市から高核市へとつなぐ本線
  • 高核市から台河市を経て首基市へとつなぐ東臨海線
  • タザマ町からファジリ町までつなぐ短い路線のファジリ線
  • 英棟市から唾丘市までつなぐ唾丘線

英棟市と高核市では公共交通機関が高度に整備されており、市民の移動手段として親しまれている。その背景には渋滞の緩和を目的に自動車税がかなり高く設定されていることが要因である。その関係で道路網の整備は最小限に留めており、ドライビングの手段は限られている。